IMG_8009.jpeg

季節を感じながら何気なく散歩した。

人が行き交う場所ごとに景観のごとく作られた自然が存在する。

歩き出す足は、硬いところと、柔らかいところと。
確かに色々と存在したはずだ、、、

そう昔はあったはず、、、

雨上がりの大地は固まりもせず流されていく。

均等化され、わずかな微生物の声も聞こえない。

にこやかに木々や草花はこちらを見て微笑む。

何も語らずに、ただ微笑んでくれる。

そして一枚の葉をひらい、

そっとポケットに忍び込ませた。何か暖かいものを感じる。

帰ってからもこの感触を確かめたいと。。。ふと思った。

時間と共に記憶は薄れる。

時間と共に、どうでもよくなることがある。

そう思うと

​かなり”自然”でいいって思った。

​人ってそんなもんだろうって。

今日も木々は笑う。

​明日も草花は笑う。

IMG_6924.jpg
スクリーンショット 2020-04-25 12.57.56.png